看護師の仕事内容ややりがいを業種・職種別に紹介 | 医療・介護の求人・転職・募集ならグッピー

看護師の仕事内容ややりがいを業種・職種別に紹介
看護師の仕事内容ややりがいを業種・職種別に紹介

看護師は、これまで医療現場で働くことを考えたことがない人でも、仕事内容をイメージしやすい職種の1つかもしれません。しかし、看護師はどのような働き方を選ぶかによって、携わる仕事の内容がまったく違ってきます。勤務先の規模や担当する診療科によっても変化するので、選ぶ業種や職種によって仕事内容ややりがいがどのように変わるかを見ていきましょう。

看護師の仕事のやりがい

看護師は、病院・診療所などの医療機関や、介護施設、企業、学校などで、医師の診断や診療計画に従って、診療や治療の補助をするのが主な仕事です。また、病気やケガをした人、妊産婦などが、安心して療養生活を行えるように、身の回りの世話も行います。小さな子どもから高齢者までさまざまな人と関わる仕事なので、求められる知識やスキルの幅が広いという点が特徴的です。看護スキルの高さが求められるのはもちろん、人間としての魅力も重視されます。人間としての総合力が求められる仕事といっても良いでしょう。

看護師は、一度資格を取得すると、その資格を活かしてさまざまな働き方ができます。正社員としてだけでなく、契約社員やパート、アルバイトとして働くことも可能です。また、働く場所も選べます。病床数の多い大病院で働くことも小さな診療所といった医療機関だけでなく、介護施設や学校などで働くことも可能です。ただし、どのような勤務先を選ぶかによっては、その後の選択肢が限定されてしまうこともあるので、将来どのようになりたいのかということもしっかり考えて勤務先や勤務方法を考えましょう。

看護師のやりがいは、どのような仕事を任されるかによっても変わってくる部分です。しかし、どのような職場や働き方を選んだとしても、看護師は病気やケガで苦しんでいる人を、身近で支えることができます。自分の役割をきちんとこなすことが誰かの生命を助けることになり、さらにその家族を笑顔にすることにもつながるということは、看護師の多くがやりがいと感じる部分でしょう。

患者にとって、看護師は医師よりも身近に感じられる存在かもしれません。そのため、医師ではなかなか聞き出すことのできない患者の本音なども、看護師には打ち明けてもらえる場合があります。看護師として患者から信頼され、しっかりとコミュニケーションが取れるようになれば、医師の治療や患者自身の療養にもプラスになるでしょう。医療行為以外でも、看護師としての能力を発揮できる場面はたくさんあります。他の看護師とは違う自分だけの売りを見つけられるのも、看護師という仕事のやりがいの1つになるはずです。

患者に寄り添いすぎて一喜一憂していたのでは看護師の仕事は務まらないなどといわれることもあります。しかし、患者の気持ちに自然と寄り添える能力は、看護師にとって必要不可欠です。患者の気持ちに寄り添えないのでは、不安を抱える患者を突き放してしまうことになります。患者が不安を感じているときに、そばにいられる存在が看護師です。不安な気持ちを汲み取って共有してあげることが、患者にとって怖がらずに治療を受けるきっかけになるなら、それも看護師がすべき大事な仕事だということができます。

治療が終わってほっとした顔や、病気やケガが治って元気になった姿を見ることができれば、患者から直接感謝の言葉を聞く以上のやりがいを感じられるはずです。なかなか心を開いてくれない患者にも粘り強く寄り添えば、いつかは心を開いてくれるかもしれません。頑なだった患者が少しずつでも心を開いてくれたら、看護師をやっていてよかったと実感できることでしょう。

職場の規模や診療科によっては、もっと違う部分にやりがいを感じることになるかもしれません。先進技術を駆使して治療を行うチームの一員として働くことにやりがいを感じる人もいれば、終末医療に携わり、人が尊厳を持って死を迎える手伝いをすることにやりがいを感じる人もいるでしょう。看護師のやりがいは幅が広いといえます。自分にとってやりがいとは何なのかをしっかり考えたうえで働き方や働く場所を選ぶことが大事です。自分にとってのやりがいをきちんと理解したうえで働き方や職場を選べば、やりがいを感じる場面に出会えるのが看護師の仕事だといっても過言ではありません。

看護師の資格について

看護師の仕事内容ややりがいを業種・職種別に紹介

4つの看護職資格

看護師として仕事をするためには、看護師の国家資格を取得する必要があります。看護師の資格は保健師助産師看護師法によって定められている4つの看護職資格の1つです。看護師のほかに、保健師、助産師、准看護師の資格を合わせて看護職資格といいます。

看護師資格と准看護師資格の違い

看護師には看護師の国家資格を、准看護師には准看護師の都道府県知事資格を取ることでなれます。実際の病院などでは、准看護師も患者からは看護師と呼ばれますが、受ける試験も取得した資格も違うということです。看護師は国家資格なので、厚生労働大臣が免許を発行するのに対して、准看護師は都道府県知事が免許を発行します。ただし、都道府県知事が発行するとはいえ、働ける範囲が限られているわけではありません。全国で通用する公的な資格です。

保健師・助産師資格と看護師資格の関係

保健師や助産師は、看護師の国家資格を取得していることが前提で取得可能な資格です。看護師の国家資格を持ったうえで、保健師の国家資格、助産師の国家資格をそれぞれ取得することでなることができます。保健師は、病気ではない人が健康を維持したり、病気・ケガを予防したりするための指導を行うのが主な仕事です。助産師は、分娩の介助と妊産婦や乳児に対する保健指導が主な仕事で、女性しかなることができません。保健師と助産師は、ダブルライセンスになるので、当然、保健師、助産師として働くことも看護師として働くこともできます。

ステップアップ可能な看護師資格

看護師の国家資格だけでも、一度取得すれば一生の仕事にすることが可能ですが、職場によっては、さらに上級資格を取得することで看護師としての仕事の幅を広げることも可能です。看護師がステップアップとして取得できる主な資格としては、専門看護師、認定看護師、認定看護管理者という3つの資格があります。どの看護職として働くか、どのようなステップアップをしていくかという選択肢の幅が広いことも看護職や看護師として資格を取得して働く魅力といって良いでしょう。

専門看護師とは

専門看護師とは、専門分野について特に高い知識や技術を持った看護師であることを証明する資格です。5年以上の実務経験を持つ看護師に受験資格があります。専門看護師が設けられているのは、がん看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、急性・重症患者看護、感染症看護、家族支援、在宅看護、遺伝看護、災害看護という、高い専門性が求められる13の分野についてです。自力での解決が困難な個人や家族、集団などに対して、高水準で質の高い看護を提供できるように設けられました。それぞれの分野について、実践、相談、調整、倫理調整、教育、研究といった6つの役割を果たします。

認定看護師とは

特定の分野について特に熟練した看護技術や知識を持っていることを認定する資格です。看護を必要とするあらゆる場面で、特定分野における熟練した看護技術や知識を発揮することが求められます。認定看護師は、他の看護師への指導や相談も担う立場です。看護師としてステップアップしていくためには取っておく価値が高い資格だといえます。

認定看護管理者とは

看護師の免許を持ち、看護師として通算5年以上の実務経験があることが取得の前提条件です。そのうえで、4つある要件のうちいずれかを満たしていないと、認定審査を受けられません。認定審査を受けるための4要件は「認定看護管理者教育課程サードレベルを修了」「看護系大学院で看護管理を専攻して修士号を取得し、その後3年以上実務経験がある」「師長以上の職位で3年以上の管理経験を持ち、なおかつ看護系大学院で看護管理を専攻して修士号を取得」「師長以上の職位で3年以上の管理経験を持ち、なおかつ大学院で管理関連の学問領域について修士号を取得」のいずれかです。

要件を満たしたうえで、書類審査及び筆記試験の形で行われる認定審査を受ける必要があります。取得できる人が限られているうえに、5年ごとに看護管理と自己研鑽の実績を示して更新する必要があるので、認定を維持することも難しい資格です。

看護師はライフステージに合う働き方を選べる資格

看護師の仕事は一生ものです。たとえ結婚や出産などを機に辞めたとしても、資格を活かして復帰できます。看護師としての仕事ができていない間に経験したことや感じたことも、復帰後の看護や家族支援に活かすことが可能です。働き方や就職先を選べばライフステージに合わせた働き方ができます。ただし、将来どのようになっていきたいかをよく考えて、計画的に実務経験を積んだり、資格をプラスしたりしていくことが大切です。

看護師になるには?

看護師になるための選択肢は1つではありません。ただし、看護師になりたいと思った時点での学歴や年齢によって、看護師になるための最短ルートは変わってきます。さまざまなシチュエーションを想定して、最短で看護師になれる方法を見ていきましょう。

看護師の仕事内容ややりがいを業種・職種別に紹介

中学卒業から看護師を目指す場合

中学卒業の時点で看護師の資格取得を目指すなら、看護師養成課程校に進学するのがもっとも早く看護師になる方法です。高等学校衛生看護科は、准看護師を養成する専門高校という位置づけでした。しかし、看護師を養成する専攻科と合わせ5年一貫課程の看護師養成課程校を卒業すれば、その時点で看護師国家試験を受験することができます。看護科と専攻科を合わせた5年一貫教育の看護師養成課程が誕生したのは平成14年以降です。全国の高等学校で、看護師養成教育が行われるようになったので、最短での看護師資格取得を目指すなら、普通高校ではなく看護師養成課程校を選んで進学すると良いでしょう。

中学校を卒業していることが、看護師養成課程校の入学条件です。衛星看護科で3年学んだ後、引き続き専攻科で2年間学ぶようにカリキュラムが組まれています。5年一貫教育なので、専攻科に進む際に改めて受験する必要はありません。修了時に高等学校卒業の資格ももらえるので、さらに大学や短大などを目指す場合にもメリットがあります。最短20歳で看護師資格を取得できるため、他の方法よりも若くして看護師になることも可能です。

高校卒業から看護師を目指す場合

普通高校など一般的な高等学校を卒業した後でも看護師は目指せます。高卒資格で看護師を目指すなら、選択肢は主に3つです。看護を学べる大学に進学する方法、看護系の短期大学に進学する方法、看護専門学校で学ぶ方法を選べるので、資格取得までのスピードを優先するか、学びながら得られる知識や技能などを優先するかをよく考えて決めましょう。

スピードを優先した場合でも、看護師の国家試験を受けられるようになるまでは、最短でも3年はかかります。大学に進学したのでは、4年以上かかるので、3年で国家試験受験を考えるなら、進学先として選べるのは短期大学か専門学校です。短期大学というと2年制だと思いがちですが、看護を学べる短期大学は3年制になります。専門学校は3年制と4年制がありますが、4年制は定時制です。

短期大学と専門学校では、看護を学ぶ教育環境が大きく違います。専門学校では、看護師国家試験の受験に必要な内容に絞った学習になるので無駄がありません。それに対して、短期大学は看護以外のさまざまな講義を受講することが可能です。一見短期大学の学習は無駄が多いように見えますが、心理学や社会学など看護以外の勉強をしておくことは、後の仕事で活きてくる可能性があります。また、短期大学から4年制の大学への編入も可能なので、入った後の選択肢の多さでは短期大学にも分があるといって良いでしょう。

いずれに進学した場合でも、学べるのは3年という限られた期間です。看護師資格の取得に特化した勉強をするか、教養を身に着けながら、試験に向けた勉強をするかをよく考えたうえで、進学先を決めましょう。短期大学か3年制専門学校を修了後、すぐに国家試験を受けて合格すれば、21歳で資格を取得することが可能です。

准看護師から看護師を目指す場合

看護師は厚生労働大臣が管轄する国家資格なのに対して、准看護師は都道府県知事が管轄する公的資格です。しかし、実際の仕事内容はほとんど同じうえに、患者から区別して呼ばれることもほとんどありません。それなのに、賃金格差があり、任される仕事の範囲も限られているため、准看護師として働きながら看護師資格を目指すという人が少なくありません。

既に准看護師の資格を持っている人が看護師を目指す場合は、看護を学べる短期大学か看護師養成学校で2年間学び、国家試験の受験資格を得るのが一般的です。ただし、中学校卒業で准看護師になった場合は、実務経験3年以上という要件も満たす必要があります。看護師の養成学校は通常3年制、定時制の場合は4年制ですが、准看護師が看護師になるためのカリキュラムは全日制が2年制、定時制が3年制です。通信制で学ぶこともできますが、実務経験が7年以上の場合に限られます。

看護師の国家試験とは

看護師国家試験は、必修問題、一般問題、状況設定問題の3つの種類があり、それぞれ50問、130問、60問という内訳です。出題分野は11分野あり、一般問題は全分野から出題されます。一般問題だけで見ると出題分野に偏りが見られますが、状況設定問題を合わせて考えると、全分野にわたってまんべんなくカバーされているのが特徴です。試験時間は午前、午後それぞれ2時間40分ずつの計5時間20分で、午前と午後に120問ずつの計240問が出題されます。

実際に看護師として働く方のインタビュー

看護師は患者などから見えるところで仕事をします。そのため、実際に働いてみても想像していた通りということが他の仕事よりは多いかもしれません。しかし、看護師として働いてみて初めて気付くことや、壁にぶつかってわかることなどもあるでしょう。この段落では、実際に看護師として働いている人に対して行ったインタビューの内容を紹介します。

看護師の仕事内容ややりがいを業種・職種別に紹介

患者やその家族の言葉に救われる毎日(2年目・病棟勤務・女性)

やりがいを感じるのは患者さんから感謝の言葉をかけられたときです。内科病棟ということもあり、入退院を繰り返す患者さんもいます。生活習慣の見直しが必要な患者さんが取り組みやすい方法を一緒に考えたことがありました。自分の接し方や介入の仕方が、患者さん自身の生活の見直しにつながるととてもうれしいです。退院後、「入院中に考えてくれた方法を家でも続けたら調子がよくなったよ」と言われたときは、本当に看護師になってよかったと感じました。

まだまだ回数は少ないのですが、入院中に患者さんが亡くなったときは、とても辛く、もう続けられないと感じたほどです。しかし、亡くなった患者さんの家族が、「最期を迎えられたのがここで良かった」と言ってくれたので救われました。自分の看護を振り返ると、もっとああしておけばよかった、もっとできたはずだと感じることが少なくありません。しかし、やりがいのある仕事だからできる限り長く続けたいと思います。

難しくても成長できる職場に満足 (7年目・病棟勤務・女性)

看護師の仕事を始めてから7年間、ずっと消化器内科と移植外科の混合病棟で働いています。急性期の患者さんと終末期の患者さんが混在する病棟なので、する仕事の幅が広いのが特徴です。患者さんによって、必要な看護の違いが大きいので、慣れるまでは本当に大変でした。しかし、厳しい職場だからこそ学べることもたくさんあります。看護師として学ぶべきことが学べる職場だと思えるようになって、あまり辛く感じなくなりました。さまざまな患者さんと接することになるため、コミュニケーションの取り方も7年間で大きく変わったと思います。

新人の頃は、カルテから情報を読み取ることに必死になり過ぎて、患者さんの身体や表情をしっかり見ることができていなかったかもしれません。しかし、慣れてくるにつれて、患者さんの顔や身体の状態などをしっかり見れば、カルテを読んだだけではわからない情報を感じ取れるということに気付きました。自分の目で見て得た情報とカルテに書かれている情報とを照らし合わせることが重要だと気付いたことは、自分にとって大きい変化です。新人を指導する立場になったからこそ、あえて教えず、自分で気付かせることも大事だと思うようになりました。

患者さんの気持ちを配慮することが大事(2年目・病棟勤務・男性)

整形外科と泌尿器科の混合病棟で勤務しています。2年目です。私が勤務する病院は比較的男性看護師の人数が多いのですが、病棟勤務の看護師にはもう少し男性が多くても良いのではないかと思います。看護学校時代から女性が多い環境だったので、仕事上で性差を感じることはあまりありません。仕事に男性だから、女性だからという違いはないので、肩身が狭い思いをしたこともないですが、力仕事は男性の私が率先して行うようには気を付けています。

性別を気にせず働ける職場なのは本当にありがたいです。とはいえ、患者さんが看護師の性別を気にすることは正直あります。とくに清拭は、男性にされるのは嫌だという女性の患者さんの場合は仕方がありません。手の空いている女性看護師に変わってもらうようにしています。逆に排せつの介助を女性看護師にされるのは恥ずかしいという男性の患者さんもいるので、仕方のないことだと受け止めています。患者さんの気持ちを第一に考え、配慮することが私たちにとっては重要なことです。

看護師の平均年収

厚生労働省の平成30年賃金構造基本統計調査では、全業種の平均年収は、497万2000円なのに対し、看護師の平均年収は479万9300円という結果でした。このように見ると、一般業種よりも看護師の年収の方が少ないように感じられます。しかし、看護師の多くは女性です。他の業種とは、男女の構成比がまったく異なります。女性だけに絞って全業種の平均年収を計算すると382万6000円まで下がるのに対して、看護師の年収は女性だけに絞っても478万5000円とほとんど変わりません。女性の仕事として考えると、看護師は年収が高いといえるというわけです。

看護師の年収は、年齢によって上がっていきますが、手当やボーナスが占める割合が比較的大きいのが特徴といえます。平均よりも高い年収を求めるなら、夜勤のある病棟に勤務したり、専門看護師や認定看護師の資格を取得したりすることも考えた方が良いでしょう。毎月の収入に夜勤手当や資格手当が加算されれば、それだけ年収も高くなります。

看護師の場合、収入に性差はほとんどありません。しかし、勤続年数が長くなってくると、男性の方が年収もボーナスも高くなる傾向が見られます。それは、女性がある程度の年齢になると結婚して働き方を変えるためです。正社員で働いていた看護師が、パートやアルバイトになれば、固定給から時給になり、ボーナスも出なくなります。夜勤のある病棟勤務から昼間だけの外来勤務に変われば、手当も減ることになるでしょう。途中でブランクがあれば、役職に就くのも難しくなります。女性が中心の職場とはいえ、管理職になり、高い収入を得るには、計画的にステップアップしていくことが必要です。

まとめ

看護師の仕事内容ややりがいを業種・職種別に紹介

看護師は人の役に立つやりがいのある仕事です。働き方のバリエーションが豊富で、ライフステージに応じて働き方を選ぶこともできます。看護職の資格は一度取得すれば一生ものです。子育てをしながらパートとして働くことも、上位資格を取得してエキスパートとして活躍することも選べるというのは、他の資格にはない魅力かもしれません。