臨床心理士とは?資格や仕事内容、やりがい、年収などまとめて紹介 | 医療・介護の求人・転職・募集ならグッピー

臨床心理士とは?資格や仕事内容、やりがい、年収などまとめて紹介
臨床心理士とは?資格や仕事内容、やりがい、年収などまとめて紹介

医療業界で転職をする際には、ステップアップになるよう新しい仕事に就くための情報をしっかりと調べましょう。たとえば、臨床心理士になるためには特別な資格を取得する必要があります。資格を取得して、いざ仕事を始めれば多くのやりがいを感じられるでしょう。この記事では、臨床心理士に必要な資格や年収などについて、詳しく解説します。

臨床心理士の仕事・業務内容

臨床心理士の役割・4つの仕事を知る

そもそも臨床心理士とは、心理学についての専門的な知識を駆使してクライアントの心の問題を解決していく仕事です。日本臨床心理士資格認定協会によれば、臨床心理士の業務は4つに分類されます。まず、「臨床心理査定」です。臨床心理士はテストや面接を通してクライアントの心理状態を探ります。本人が自覚していない悩みや不安を明らかにして、援助の方向性を見定めていきます。

2つ目が「臨床心理面接」です。クライアントの心をサポートするためのプロセスであり、臨床心理士の活動の中心といえます。心理面接の方法はクライアントの状況、年齢などによって異なります。行動療法から芸術療法、集団心理療法にいたるまで、どの方法がもっとも適しているかを判断するのも臨床心理士の務めです。

3つ目が「臨床心理的地域援助」です。自治体や学校など、地域の人々が健康的な心理状態を保つために貢献する仕事を指しています。なお、コミュニティが健全な発展を遂げていくために助力することも、臨床心理的地域援助に含まれます。そして、4つ目が「調査と研究」です。心理学は常に新しい情報が生まれているので、過去の知識や療法に頼っているだけでは最新の症例に対応できません。また、クライアントやコミュニティの状況も日々変化していきます。心理を学び続ける姿勢も臨床心理士には求められているのです。

どのようにクライアントをサポートするのか

臨床心理士が会得しているスキルはさまざまです。かつては、クライアントから長時間にわたって話を聞き出し心理を探っていく「精神分析」がさかんに行われていました。しかし、正確な分析を完了させ効果を出すにはかなりの時間を要するので、最近ではほかの療法が台頭してきています。たとえば、「クライアント中心療法」では、臨床心理士が聞き役に徹します。あくまでもクライアントが自分から内心をさらけだすことを重要視しており、臨床心理士は脇役の立場です。

臨床心理士の職場によっても療法は変わります。学校などで小さな子どもを相手にするときは「遊戯療法」を用いることも少なくありません。遊戯療法では対話ではなく、遊びを通してクライアントの心理に向き合っていきます。そのほか、クライアントにとって身近な人物の協力のもと、「家族療法」を行うこともあります。家族とクライアントのコミュニケーションを分析し、問題点を露にしていく療法です。

臨床心理士になるためには

どこで学べば臨床心理士になれるのか

日本臨床心理士資格認定協会の資格試験を受け、合格することで臨床心理士になることができます。ただし、誰もが受験資格を持っているわけではなく、国に指定された大学院・専門職大学院の修了資格を持っているなど、条件が定められています。そのほか、海外において指定大学院と同等の学歴を持っている人も受験可能です。ただし、その場合は国内での心理臨床経験を2年以上積まなくてはいけません。すでに医師免許を取得している人にも受験資格はあるものの、やはり国内で2年以上の心理臨床経験が必須です。

なお、通信制の大学院で臨床心理士の勉強ができるところもわずかながら存在します。通信制だと他の仕事をしていたり、専業主婦でなかなか通学の時間を割けなかったりする場合でも便利です。ただ、通信制であっても何日かはスクリーニングといって、通学しての授業を受けなくてはいけないので注意しましょう。スクリーニングの日数は3年間で30~40日ほどです。スクリーニングを怠っていると受験資格をもらえないため、日程調整が大切です。

試験は難しい?合格率は高いのか

臨床心理士の試験は一次と二次に分かれています。一次は筆記試験であり、100題のマークシート問題と論述問題が課されます。試験時間は合計4時間で、いずれも同日内に実施されるのが恒例です。問題の内容は、臨床心理士の基本的な業務内容についてが大半です。面接や心理査定の方法を正しく理解しているかが問われます。一方で、臨床心理士が知っておくべき法律の知識や仕事への姿勢についても確認させられます。出題範囲は広く、深い知識量が求められる試験だといえるでしょう。

一次試験を通過した受験者だけが二次試験へと進めます。二次試験では2人の面接官から人間性やプロとしての資質を見極められます。また、臨床心理士にとって重要である人間関係を構築する力も評価される試験です。二次試験が終わると、合否が発表されます。

臨床心理士の試験の合格率は例年60~65%ほどです。そのため、決して「狭き門」といえるほどの難易度ではありません。それでも受験者の4割近くは毎年不合格となっているので安心できるほどの試験でもないでしょう。合格した人は資格認定証書の交付手続きを所定期日までに行い、日本臨床心理士資格認定協会から資格認定証書を発行してもらいます。そうして、正式に臨床心理士を名乗れるようになります。

臨床心理士に求められる人物とは?

コミュニケーション能力が高い

クライアントと良好な人間関係を築けるかどうかで、臨床心理士の仕事は変わってきます。クライアントが臨床心理士を信頼してなんでも打ち明けてくれる状態になるからこそ、深い心の悩みにも解決策が見えてくるのです。ただし、全てのクライアントが自分から歩み寄ってくれるわけではありません。むしろ、繊細な問題を話す場であるからこそ、緊張してしまうクライアントも多いのです。相手との距離を縮めていくのも臨床心理士の仕事のひとつです。高いコミュニケーション能力は必須となるポイントです。

人間観察力がある

相手の話にじっと耳を傾けることももちろん臨床心理士には大切です。しかし、言葉で得られる情報が全てではありません。悩みが深刻すぎるがゆえに、なかなか本音を打ち明けられないクライアントもいます。そもそも、自分の問題を上手く言語化できないケースも多いのです。優れた臨床心理士は言葉以外の情報からクライアントの心を見抜き、サポート方法を考えていきます。表情や仕草の変化に敏感であることは臨床心理士に求められる才能です。人間観察力に秀でた人材ほど、臨床心理士として成功する可能性が高いでしょう。

タフである

他人の心と向き合う仕事は、ときに過酷な業務になる場合があります。ネガティブな言葉をずっとぶつけられて、自分まで気分が落ち込んでいく臨床心理士も少なくありません。また、クライアントが精神的に不安定なときは、臨床心理士に八つ当たりしてくることもありえます。何より、臨床心理士自体がクライアントに感情移入しすぎて、客観的な判断を下せなくなる可能性も出てくるのです。プロとしてクライアントの話を聞くからには、寄り添いながらも一定の距離を保たなければいけません。精神的にタフであることはとても大切です。

道徳観がある

臨床心理士は社会的信用がないと働いていけません。なぜなら、偏った思想の持ち主に自分の悩みを打ち明けたいと考えるクライアントはほとんどいないからです。また、クライアントの重大な秘密を握ることもある臨床心理士には高い職業意識と倫理性が求められます。クライアントの情報を漏えいせず、守秘義務を守り続けることができなければいけません。そのほか、心からクライアントのためを思って行動する姿勢も臨床心理士には欠かせないポイントです。

臨床心理士の就職先は?

臨床心理士とは?資格や仕事内容、やりがい、年収などまとめて紹介

医療・保険機関

多くの臨床心理士は医療や保健機関に勤めています。そこで問題を抱えたクライアントと出会い、一緒に解決策を探っていくのが主な業務となります。これらの職場では、クライアントが臨床心理士のもとに通う形態をとることが一般的です。そのため、さまざまな職業、年代の人々が集まってくるのが特徴です。一方、内科や外科の患者さんに対処を行うケースも少なくありません。これらの場合では、カウンセリングなどの結果を主治医に伝えるまでが仕事です。

学校・教育施設

教育機関で働く場合は「スクールカウンセラー」と呼ばれ、生徒や教員の心に寄り添っています。これらの職場では、日常的に生徒たちと交流する機会が増えていきます。何気ないコミュニケーションの積み重ねがあるからこそ、いざというときに重大な悩みを話してもらえる存在になれるのです。

企業や組織

メンタルヘルスについて世間の関心が高まるにつれ、臨床心理士を雇う企業や組織も増えてきました。実際、過剰労働や人間関係などが原因となって、メンタルヘルスを病んでしまう社会人は増えています。精神的に問題を抱えたまま働いていても効率は上がりませんし、最悪の場合は退職へと追い込まれてしまう場合もあります。こうした分野で働く臨床心理士には問題の解決だけでなく、回復した後のアフターフォローも求められているといえるでしょう。

大学・研究機関

学びに重きを置いているのであれば、大学や研究所に籍を置いて活動する臨床心理士も少なくありません。これらの職場では、心理学についての研究や調査が主な業務となります。そして、将来的には後輩や部下を育てられる教官としての役割を担うようになるのです。ただ、学生や教員へのカウンセリングも並行して行うケースもたくさんあります。

福祉領域・司法領域

児童相談所などの福祉領域でも臨床心理士は必要とされるようになりました。少年院や刑務所で受刑者と接するケースもあります。複雑な家庭の出身であったり、心に傷を負ったりした人々には早急な精神面のケアが大切です。一般の職員では対応しきれない心の問題と、臨床心理士は向き合っています。

臨床心理士の雇用形態は?

常勤、非常勤などのさまざまな雇用形態で、臨床心理士は社会を支えています。なお、司法領域で働く際には臨床心理士も公務員扱いとなることが一般的です。

臨床心理士の平均給与・年収

平均年収はおよそ200万~400万円ほど

日本臨床心理士会「臨床心理士の動向調査」によれば、2015年の臨床心理士の平均給与は年収300万円台がもっとも多くなっています。全体的には、年収200万~400万円が半数以上を占めています。そのため、ほかの職業や別の医療関係者と比べて、特に給料が高い仕事というわけではありません。ただし、臨床心理士は非常勤という形で複数の職場を掛け持ちすることも可能です。ある職場の空き時間を利用してセミナー講師などを副業的に行えば、高収入も目指せます。

また、医療機関に勤めている臨床心理士よりも職業安定所や司法領域などで公務員として働いているパターンのほうが、収入が高くなる傾向にあります。たとえば、刑務所勤務の臨床心理士は年収が600万円以上になることも珍しくありません。退職金が多く払われるなど、待遇がよいのもメリットです。ただ、公務員となるには公務員試験を受験し合格しなければいけません。また、職場によっては経験や実績を求められることもあります。

臨床心理士に賞与はあるか

雇用形態によっては、臨床心理士の仕事で賞与がもらえることもあります。医療機関や企業で正規雇用されている場合や公務員待遇の職場では賞与をもらえる資格を持っているでしょう。ただし、非常勤などの雇用形態の場合には給与は時給制になります。そのため、基本的には賞与の対象外です。

将来性のある仕事といえるのか

スクールカウンセラーなどの仕事には必ずしも臨床心理士の資格を必要としないので、「将来性がない」と考える人もいるでしょう。しかし、信頼度でいうと、臨床心理士の資格を持っているカウンセラーはそうでないカウンセラーよりも高くなります。また、うつ病などの精神疾患が社会問題になっている現代では、的確なメンタルヘルスへの意識がますます強まっています。臨床心理士のような専門家のサポートを必要としている企業・機関は増えており、将来性は決して小さくありません。取得しておいて損のない資格のひとつです。

臨床心理士のやりがい・大変なこととは?

やりがいは他人の力になれること

精神的に問題を抱えたまま、仕事や勉強に励むのはとてもつらいものです。しかし、仕事によってはどれほど苦しい状態でも出社しなくてはいけません。臨床心理士はそのような人たちの力になれる職業です。カウンセリングなどを通してクライアントが立ち直り、元気になっていく様子を見られるのは大きなやりがいとなるはずです。

また、臨床心理士は学術的な好奇心を満たせる仕事でもあります。多くの人々の心理と向き合い、問題を研究することで精神世界の深さを再確認できます。本を読んだりデータを解析したりするだけでは気づけなかった境地にも、クライアントとの触れ合いによって導かれていくでしょう。

何より、臨床心理士は人から信頼され、感謝をしてもらえる仕事です。優秀な臨床心理士に対してクライアントは心を開き、家族にすら言えないような秘密を打ち明けてくれます。クライアントの問題が解決した後で「先生のおかげです」と声をかけてもらえると、日々のモチベーションに還元できるでしょう。

プレッシャーとクライアントへの思い入れが大変な部分

臨床心理士にとって大変なのは、時に大きなプレッシャーにさらされる点です。メンタルヘルスとは、人生を左右しかねないテーマです。大きな精神疾患によって仕事を辞めたり、人間関係を上手く築けなくなってしまったりする人も珍しくありません。クライアントの未来がどうなるかが、臨床心理士のスキルに委ねられる場面も出てきます。的確にクライアントが回復できる療法で対処できるよう、臨床心理士は日々学び続けなければいけません。

さらに、クライアントから信頼を得るためには自らを律する気持ちも重要です。プライベートが荒み、人当たりもよくない臨床心理士の言葉には説得力がありません。臨床心理士はクライアントを不安にさせないよう、知識だけではなく人間性も磨き続けなくてはいけないのです。一方、クライアントに共感しすぎて自分自身の気持ちが暗くなってしまうこともあるでしょう。

ただ、これらの状況を乗り越えることで臨床心理士は人間的に成長し、より高い次元へとスキルアップできます。臨床心理士に大切なのは、他人を良い方向へ導くため、自分自身が強くなろうとする意思です。クライアントが放つ負の感情に飲み込まれず、問題を客観視できる精神を手に入れられるよう努力することが臨床心理士に求められるのです。

まとめ

臨床心理士とは?資格や仕事内容、やりがい、年収などまとめて紹介

臨床心理士は、一般企業や司法機関、教育機関などでますます活躍の場を広げていく職業です。他人の人生に関われるだけでなく、健全な方向に導けるのは大きなやりがいになります。また、クライアントから日々感謝を受け取れるのもモチベーションにつながります。信頼を得られるよう自分自身を磨きながら、臨床心理士を目指しましょう。