社会福祉士試験の合格率は?難易度や勉強方法を解説! | 医療・介護の求人・転職・募集ならグッピー

社会福祉士試験の合格率は?難易度や勉強方法を解説!
社会福祉士試験の合格率は?難易度や勉強方法を解説!

社会福祉士試験の受験を検討している人の中には、合格率や難易度が気になっている人もいるでしょう。社会福祉士は国家資格なので難易度は高いのは仕方がないのかもしれませんが、実は合格に近づくための勉強法はあるのです。この記事では、社会福祉士試験の合格を目指している人に向けて、合格率や難易度の詳細と勉強方法を紹介します。この記事を参考にして、合格に向けて勉強を始めましょう。

気になる社会福祉士試験の合格率は?

直近5年の社会福祉士の合格率の平均は27.6%でした。過去5年で最も合格率が低かった年は、平成29年度の25.8%(受験者数45,849人に対して合格者11,828人)で、最も合格率が高かった年は平成30年度の30.2%(受験者数43,937人に対して合格者13,288人)です。平成25年度の合格率は18.8%と低かったのですが、ここ数年は26~28%のあたりで落ち着いています。

合格者の内訳は、男性が約35%で女性が約65%。福祉系大学等の卒業者が約60%で、養成施設の卒業者が約40%と内訳から福祉系の大学出身者が多いと言えるでしょう。また、合格者の半数以上は30歳までの人が多いですが、30代や40代で取得している人も4割近くいるので、年齢で受験を諦める必要はない資格です。確かに一般の合格率50%前後の資格試験に比べると難易度は高いですが、国家資格の中では極めて合格が困難というわけではありません。

社会福祉士試験は年齢に関係なく取得できる試験なので、モチベーションを保ち、コツコツと勉強を続ければ十分合格できる国家資格です。ちなみに、社会福祉士試験と類似している資格があります。「介護福祉士」と「精神保健福祉士」は社会福祉士と並んで三大福祉国家資格と言われており、受験者数は介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士の順に多いです。勉強する資格を間違えないようにしましょう。

合格率が低い理由は?

社会福祉士試験の合格率が低い主な理由は「出題範囲が広い」「勉強時間が不足している」「勉強のモチベーションを維持できない」「当日力が発揮できない」の4つです。これら4つの理由は社会福祉士試験に限らずとも、合格率が低い試験に該当するのではないでしょうか。

1出題範囲が広い

社会福祉士試験の特徴はなんといっても出題範囲が広いことで、合格率が低い最も大きな理由の1つと言えるでしょう。社会福祉士試験の出題範囲の科目は18科目もあり、福祉系資格の中で最も科目数が多いのです。先ほど紹介した介護福祉士は11科目、精神保健福祉士は16科目なので、社会福祉士の出題範囲がいかに広いかが分かるでしょう。社会福祉士の試験科目は以下の通りです。

  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 現代社会と福祉
  • 地域福祉の理論と方法
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 社会保障
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度
  • 保健医療サービス
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 社会調査の基礎
  • 相談援助の基盤と専門職
  • 相談援助の理論と方法
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度
  • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  • 就労支援サービス、更生保護制度

出題科目が多く全ての科目で得点を取らなければならないため、捨て科目を作ることができません。また、18科目もあるので、得意・不得意な科目がどうしても出てくるでしょう。社会福祉士試験は、苦手科目が得意科目よりも多く、得意科目でカバーしきれずに合格点に届かない人が多い傾向があります。これだけ出題範囲が広いと、トータルで合格点に到達するためにいかに苦手科目を克服できるかが合格のポイントです。試験日は決まっているので試験日から逆算して勉強の計画を立てる必要があります。

2勉強時間が不足している

勉強しなければならない科目数の多さから、勉強時間が不足して試験日を迎える人が多いのも合格率が低い理由です。資格の中には一夜漬けで合格できるものもありますが、社会福祉士は短期間勉強して合格できるほど甘い試験ではありません。社会福祉士試験に合格するには、社会福祉士試験の受験資格を取得するまでの期間を除いて、少なくても300時間の勉強時間は必要です。

受験のために勉強に専念する中学生や高校生なら300時間の勉強時間をこなすことは難しくないでしょう。しかし、社会福祉士の場合は、福祉専門の大学や養成施設に通って実務を全うしながら勉強しなければならないので、高校・大学受験に比べて勉強時間を確保することが困難です。また、年齢によっては家庭や仕事のことで時間を使わなければならない人もいるので、勉強に専念できる環境にない場合もあります。いずれにしても、働きながら勉強しなければならない人が受験者の半数なので、受験日までに合格レベルの学力まで到達できていない人が多い点も合格率に影響しているのではないでしょうか。

勉強時間を確保するためには、無理をしないことが重要です。睡眠時間をしっかり確保したうえで、1日の中でどのくらい勉強時間に割けられるのかを考えて試験日までに300時間の勉強を計画する必要があります。社会福祉士の試験勉強は社会人なら特に長期戦になるので、勉強を継続することを意識することがポイントです。

3勉強のモチベーションを維持できない

勉強のモチベーションを維持できない人の中には、十分に勉強時間を確保できていても不合格になる人もいます。いくら300時間以上勉強していても、本人のやる気がなくダラダラと勉強していては受かるものも受かりません。社会福祉士試験はただでさえ出題範囲が広いので、メリハリをつけて効率良く勉強する必要があります。しかし、モチベーションが低ければ、勉強にたくさんの時間を割いたところで、次の単元を勉強し終わったころには、1つ前に学習した内容が頭から忘れ去られていることもあるのです。

モチベーションは勉強の集中力に影響するので、やる気の無い人とある人が同じ時間勉強すれば、勉強内容の定着率に差が発生するでしょう。したがって、合格するためには勉強時間の確保だけでなく、勉強へのやる気を長期間維持することが重要です。モチベーションを高めるためには、資格取得後の将来像をイメージしておくことが求められます。何のために社会福祉士という資格を取得するのか、理由を明確にしておくことで目的意識を高めることが可能です。将来のビジョンが明確で、資格取得に対して強い意思を持つことが合格するためには重要と言えます。  

4当日実力を発揮できない

学力が合格レベルに到達していても、当日に本来の実力を発揮できずに不合格になる人も少なからずいます。例えば、受験番号や名前の記入漏れ、回答ミスは本番での失敗として定番です。特にマークをする場所を間違えてしまい、全ての回答が1つずつずれることは誰にでも起こりうる分、必ず意識して防ぐ必要があります。また、風邪や腹痛などを患い、本来の実力を発揮できなかったり、仕事や家庭の事情で当日欠席したりすることもあるでしょう。 

いくら計画的に勉強をして合格レベルまで学力を高めていても、当日思わぬ理由で不合格になることがあるのです。本人としては不本意かもしれませんが、ミスや体調不良、欠席なども合格率を下げている大きな理由の1つでしょう。 本人以外の都合での欠席なら仕方ないかもしれませんが、ミスや体調不良は自分で防ぐことができるので、当日自分の実力を発揮できるように、ミスの確認や体調管理を徹底しなければなりません。 

社会福祉士試験の合格ライン

社会福祉士試験の合格ラインは、総得点の約60%以上、かつ18科目全てで得点することです。総得点の6割以上得点すれば合格というわけではなく、問題の難易度によって合格ラインが補正されるため、毎年合格基準となる得点が発表されます。総得点における合格点は年度によって異なりますが、18科目全てで得点しなければならない点は毎年の合格条件です。したがって、総得点が7割を超えていても、1科目でも0点の科目があれば不合格になるので、18科目全て一通りは学習しておくほうが後半の条件を満たしやすくなります。

科目数が多く不得意科目を得意科目でカバーするのは難しいですが、合格者の上限があるわけではないので、しっかり満遍なく勉強できれば合格できます。得意科目を増やすよりも苦手科目を減らす方針で勉強したほうが、トータルの得点を伸ばしやすくなるでしょう。

試験で一発合格を目指すには?

社会福祉士の仕事内容は?活躍していくために

試験で一発合格をするためには、合格基準に合わせて試験問題を解いていくことが重要です。前でも触れましたが、18科目の中で0点の科目を出してしまうと、その時点で不合格になります。逆を言えば、苦手科目や勉強時間を確保できない科目でも1問さえ正解すれば、18科目で得点するという条件を満たせるのです。そのため、時間が足りずに最後の科目の問題にたどり着けないことがないように、あらかじめ時間配分をしておく必要があります。

試験時間は240分なので余裕があるように感じるかもしれませんが、1問1点の問題が150問出されるので、1問に割ける時間はたったの約1分30秒しかありません。試験序盤に1問に2~3分かけてしまえば、時間との闘いにもなってしまうので、試験終了が迫るにつれ冷静に問題を解けないようになります。気持ちが焦ってしまうとケアレスミスが生じる可能性も高くなるので、試験が始まったら1問1問丁寧に問題を解くのではなく、とにかく最後まで問題を解くことを意識して試験に臨むことが重要です。

総得点の合格基準は曖昧ですが、100問正解すれば十分合格できるくらいの位置に立てます。そのため、「50問はミスしても良いだろう」くらい余裕を持って試験に臨むことが合格のポイントです。ただし、試験当日にいきなり時間配分を意識することは難しいので、過去問題集や予想問題集で試験通りに問題を解いておく必要があります。科目ごとにどのくらい時間を使っているのかメモをしておくと、当日の時間配分の目安になるのです。自分の中で時間を稼げる科目と時間をかけてしまいがちな科目を把握しておくだけでも、自分優位に240分を使えるようになります。

社会福祉士国家試験アプリ

グッピーでは社会福祉士の国家試験対策アプリを無料で配布しております。
こちら国家試験の過去問をひたすら勉強できる優れものです。
しかもアプリから就活も同時におこなえるお得な機能もついています。
是非ダウンロードして試験対策に役立ててください!