社会福祉士になるには?資格の取り方から解説! | 医療・介護の求人・転職・募集ならグッピー

社会福祉士になるには?資格の取り方から解説!
社会福祉士になるには?資格の取り方から解説!

病気や障害、貧困などで生活に困っている人たちの支援をする社会福祉士は、少子高齢化や子どもの貧困、虐待などの増加とともにニーズが高まっている職業の一つです。しかし、支援を必要とする分野は幅広く、高い専門性も求められます。そこで、社会福祉士になるには、どのような資格が必要なのか、また、資格の取り方について、資格取得後の活躍の場も含めて紹介します。

そもそも社会福祉士ってなに?

社会福祉士とは、福祉や医療の相談や支援をするために必要な知識や能力が証明できるソーシャルワーカーとも呼ばれる国家資格です。1987年に「社会福祉士及び介護福祉士法」の制定とともに誕生して以降、重要な役割を果たしてきました。主な仕事内容は、病気や障害、経済的な困窮などの原因により、日常生活をスムーズに送ることができない人たちの相談にのり、解決するための支援を行うことです。その支援対象となるのが、高齢者や身体障害、知的障害のある人、ひとり親家庭などのため、幅広い年齢層や状況の人たちへの対応が必要となります。少子高齢化や夫婦間暴力、子どもへの虐待などの問題が注目されるなか、社会福祉士は、さらに活躍が期待される職業の一つです。

ただし、看護師や医師のように業務独占資格ではないため、社会福祉士の資格がなくても相談を受けたり、援助したりといった仕事は可能になります。しかし、名称独占資格のため、資格をもたいない人が社会福祉士を名乗って相談援助を行うことはできません。そのため、社会的な信用や相談者からの信頼性で優位に立つことが可能です。また、専門的な知識があるかどうかを計る基準にもなります。そのほか、精神保健福祉士を取得する際、短期養成施設等で精神保健福祉士養成課程を修了し受験免除申請をすることで、共通科目が免除されることもメリットの一つです。

まずはルートを再確認!社会福祉士になるための道は?

国家資格である社会福祉士になるには、当然ながら1年に1回実施される「社会福祉士国家試験」を合格しなくてはなりません。しかも、受験するには、受験資格を満たすことが必要です。その受験資格を得るには、いくつかのルートがあるので、自分自身がどのルートでの資格取得が可能なのかを知る必要があります。

社会福祉士になるための道は?
社会福祉士になるための道は?

福祉系大学等を卒業した場合

4年制の福祉系大学で指定科目を履修して卒業した場合、すでに受験資格を満たしているため、すぐに社会福祉士国家試験の受験が可能です。なお、履修した科目が基礎科目のみの場合は、短期養成施設などで必要カリキュラムを6カ月以上履修する必要があります。

福祉系短大等を卒業した場合

福祉系短大等を卒業した場合、指定科目を履修していたら3年制なら1年間、2年制なら2年間の相談援助実務を経験すると受験資格を得られます。また、基礎科目のみ履修していた場合も、指定科目履修して卒業した人と同じ期間の相談援助実務が必要です。加えて、相談援助実務を経験した後、短期養成施設などで必要なカリキュラムを6カ月以上履修しなくてはなりません。

社会福祉主事養成機関を修了した場合

社会福祉主事の任用資格が取得できる社会福祉主事養成機関を修了している人は、2年制短期大学を卒業した人同様、2年の相談援助実務を経験することが必要です。そして、短期養成施設等で必要なカリキュラムを6カ月以上履修すれば、社会福祉士国家試験の受験資格を得ることができます。

社会福祉士になるための道は?

4年以上の相談援助の実務経験がある場合

児童福祉士司や身体障害者福祉司などは、4年以上の相談援助の実務経験に加え、6カ月以上短期養成施設で必要なカリキュラムを履修すれば、社会福祉士の受験資格が得られます。上記2つの職業のほかに、審査指導員や知的障害者福祉司、老人福祉指導主事も同様の条件で受験が可能です。そのほか、上記以外の職種でも、相談援助実務を4年経験している場合は、一般養成施設で必要なカリキュラムを1年以上履修することで受験が可能になります。

一般大学や短大を卒業している場合

一般の4年制大学を卒業している場合は、一般養成施設等で必要なカリキュラムを1年以上履修すれば、社会福祉士国家試験の受験資格が得られます。一方、一般の短大卒業の場合、一般養成施設等での1年以上のカリキュラムを履修する前に、3年制は1年、2年制は2年の相談援助実務経験が必要です。

働きながら社会福祉士資格を取得する場合

社会人が働きながら社会福祉士の資格取得を目指す際は、前述したように最終学歴により異なったルートで学ぶことになります。福祉系の大学で指定科目を修了している場合は、国家試験対策の学習のみで受験が可能です。福祉系短大で指定科目を履修し、必要な期間の相談援助の実務経験がある場合も、短期養成施設や一般養成施設などでの履修の必要はありません。それ以外の場合は、最終学歴や履修した科目により短期養成施設や一般養成施設での学習が必要になります。

とはいえ、働きながら養成施設に通うのは、社会人にとって容易ではありません。そこで、おすすめしたいのが、働きながら自分のペースで学習することが可能な通信制の養成施設です。ただし、スクーリングや実習は必要になるため、参加が可能かどうか、開催場所やスケジュールを確認して履修を開始することが大切になります。これらの短期養成施設や一般養成施設での履修以外に受験資格を得られるルートが、福祉系4年制大学への入学です。特に、最終学歴が短大や高校で相談援助の実務経験がない場合は、福祉系4年制大学で指定科目を履修したうえで卒業するのが、受験資格を得る最短コースとなります。

働きながら社会福祉士資格を取得する場合

また、一般の大学や短大を卒業している場合、多くの福祉系4年制大学の通信課程で3年次への編入を受け入れているため、さらに学習期間を短くすることが可能です。ただし、大学でもスクーリングや実習があるため、出席可能な地域やスケジュールかを確認したうえで入学や編入をすることが大切になります。そして、受験資格を得た後に必要になるのが、社会福祉士の国家試験対策です。その際の勉強方法として大切なことが、まんべんなく勉強することとなります。

というのも、社会福祉士の試験では、19科目すべての科目で得点しなくてはならないからです。加えて、合格するためには、総得点の60%以上の点数を取る必要があります。さらに、問題数も多く、240分で150問を解かなくてはならないため、1問に多くの時間をかけることもできません。時間切れとならないためにも、試験対策では短時間で問題を解けるようさまざまな問題に慣れることが大切になります。そして、学習する際は、最新の問題集や参考書を使用することも重要です。法改正がよく行われる社会福祉士の分野では、少しでも古い問題集や参考書の場合、法改正前のものである可能性があります。だからこそ、最新の教材での学習が必要なのです。

加えて、時間の確保も重要になります。社会人になると、特に平日は、まとまった時間を捻出することが容易ではありません。そのようなときは、隙間となる時間を利用することが大切です。例えば、通勤時や昼食時などを利用すれば、20分や30分程度の時間を確保することができます。また、通勤時の混雑した電車での勉強が困難なら、早起きして混雑していない電車に乗れば、通勤時間を勉強時間に変えることが可能です。このように、働きながら社会福祉士資格を取得するには、学習時間の確保を最優先に生活することが大切になります。同時に、学習期間が長くなる可能性もあるため、息抜きの時間を確保することも重要です。

受験資格、必要な実務経験は?

最終学歴により異なる社会福祉士国家試験の受験資格には、相談援助の実務経験が必要かどうか、また、必要とされる実務経験の年数にも違いがあります。基本的に、福祉系の4年制大学と一般の4年制大学を卒業している場合は、実務経験が不要です。短大を卒業している場合は、3年制が1年、2年制が2年の実務経験が必要になります。そして、大学や短大を卒業していない場合でも、4年の相談援助の実務経験があれば、一般の大学や短大を卒業した人同様、一般養成施設での履修で受験資格を得ることが可能です。なお、相談援助の実務に該当する施設や事業、職種は、法律や厚生省社会局長通知などで定められ、それ以外は実務経験とみなされないので注意が必要になります。

では、実務経験として定められた職種には、どのようなものがあるのでしょうか。その一つが、児童相談所の相談員です。受験資格に必要な実務経験は、児童分野や高齢者分野、障害者分野、その他の分野など4つの分野に分かれています。前述した児童相談所の相談員は、児童分野の施設と職種の一つです。そのほか、児童分野では、児童福祉法やその他で定められた母子生活支援施設や児童養護施設、障害児入所施設などの多くの施設や職種が認められています。一方、高齢者分野で実務経験に該当するのが介護保険法や老人福祉法などに定められた介護保険施設や養護老人ホームなどでの相談指導員や生活相談員などの職種です。

そして、障害者分野では、身体障害者福祉法や障害者総合支援法などで定められた身体障害者更生相談所や障害者支援施設などの施設が挙げられます。該当する職種は、身体障害者福祉司やケースワーカー、生活支援員などです。その他の分野では、地域保健法や生活保護法、生活困窮者自立支援法など、多岐にわたる分野が定められています。ただし、気を付けておきたいのが、これらの福祉の現場は、社会福祉士受験資格を得るための場というわけではないということです。これらすべての職場は、社会福祉士が活躍できる場となります。また、福祉の現場で培った経験は、社会福祉士合格後の仕事の強みとなるのです。そのため、社会福祉士国家試験の受験者には、実際に福祉の現場で働く実務経験者がたくさんいます。

国家試験合格後は手続きを忘れずに!

社会福祉士国家試験に合格して社会福祉士になるには、厚生労働大臣の指定登録機関の「公益財団法人社会福祉振興・試験センター(以下「試験センター」)」に登録手続きをしなくてはなりません。まず、合格証書と一緒に届く社会福祉士用の登録申請書に印字された氏名などが正しいかを確認し、間違いや印字されていない箇所があれば、HBの鉛筆で書き直します。そして、登録申請書に同封する書類が登録免許税分の収入印紙や登録手数料を振り込んだ際の振替振込受付証明書、戸籍抄本などです。

また、外国籍をもつ場合は、中長期在留者や特別永住者は国籍を記載した住民票、また、短期滞在者は、パスポートなど国籍がわかる書類が必要になります。これらの書類は、重要な書類となるため簡易書留で送ると安心です。そして、試験センターで受理された後、審査され、登録簿へ登録されるというのが一連の流れになります。なお、登録申請書やその他の書類に不備があれば、解消に時間がかかるためしっかりと確認して送ることが大切です。書類に不備がなければ、約1カ月後に登録証が届きます。

社会福祉士の仕事内容は?活躍していくために

社会福祉士の仕事内容は、身体的な障害や精神的障害、病気、ひとり親家庭などスムーズな日常生活を送るのに支障をきたしている人の相談を受け、支援をすることです。社会福祉士の資格をもたなくても、生活相談員や生活支援員として従事することは可能ですが、専門職としての水準には、大きな違いがあります。また、社会福祉士は、名称独占資格であるため社会福祉士と名乗って相談を受けることは、有資格者しかできません。そのため、相談者や雇用主が専門性の高さを知る基準としても有効であり、ほとんどの福祉の分野で必要とされる職種のため、幅広い分野で活躍できます。加えて、医療機関や行政機関に所属する福祉の担当者との連携により支援を行うことも多く、さまざまな人とのコミュニケーションも欠かせない職業の一つです。

社会福祉士の仕事内容は?活躍していくために

ただし、活躍できる分野が広い分、すべての分野に精通することが難しいため、どの分野で活躍したいかを明確にすることも大切になります。例えば、高齢者施設を経験している場合、その利用者やその家族への対応が必要な高齢者分野がおすすめです。職場となる特別養護老人ホームやデイサービスなどの高齢者向けの施設では、ソーシャルワーカーや生活相談員、生活指導員として従事します。子どもを対象にした分野で支援するのは、家庭に問題があったり、虐待を受けたりして保護されている子どもや肉体的または精神的なハンデキャップのある子どもです。児童相談所や児童養護施設、障害児入所施設、母子福祉センターなどが勤務先となり、児童福祉司や児童指導員として働くことになります。

続いて、障害者施設などでの経験を生かしたい場合に選ぶとよいのが障害者分野です。この分野では、障害者支援施設などで生活相談員や生活指導員、作業指導員として勤務することになります。生活に困窮している人が対象となる分野も社会福祉士の活躍の場です。対象となるのは、ひとり親家庭や障害、高齢、失業などのさまざまな原因により、貧困に陥っている人たちになります。この場合の勤務先は各都道府県の福祉事務所などです。職場では、ケースワーカーやスーパーバイザーとして働くことになります。このように、社会福祉士を必要とする現場は多岐に渡るため、得意な分野や強い思いを持てる分野を選ぶことが大切です。