介護福祉士の平均給料・年収とは?また給与アップのためのポイントを紹介 | 医療・介護の求人・転職・募集ならグッピー

介護福祉士の平均給料・年収とは?また給与アップのためのポイントを紹介
介護福祉士の平均給料・年収とは?また給与アップのためのポイントを紹介

高齢化社会が進むにつれ、介護系の職業も選択肢が広がっていきます。介護系への転職を考えている人は、労働条件や仕事の特徴をしっかり見極めたうえで自分に合った職場を選びましょう。たとえば、介護福祉士は多くのやりがいを得られる仕事です。この記事では、介護福祉士の給料や年収、給料を上げるためのポイントを解説します。

雇用形態別平均給料・年収

正社員の介護福祉士の給料は?

国税庁「標本調査結果」によれば、日本における正社員の年収は平均で441万円ほどです。それを考えると、介護福祉士の年収は一般的な職業よりもやや低い傾向にあります。正規雇用の介護福祉士の年収は351~415万円(※1)です。つまり、多くの職業と比べて少し開きがある計算です。ただ、全体的な幅を見てみると、上は年収600万円以上(※1)の人もいます。つまり、介護福祉士全員が低賃金で働いているわけではなく、能力や賃金によって大きく収入の変わる業界であるといえます。

アルバイトの給料は

介護福祉士のアルバイトをしている人の平均時給は1,060~1,751円(※1)とやや高い傾向があります。介護福祉士は要介護者の生活に関わる責任が重大な仕事なので、正規雇用やアルバイトの垣根なく、高い職業意識が求められます。こうしたことが給料にも反映されているのです。

派遣の給料は

介護福祉士の派遣社員は一般的な派遣社員の時給と比べると、水準値におおよそ該当しています。ただ、介護福祉士は本人のスキルによって昇給を目指せる仕事です。キャリアを積むことによって給料が上がっていくことも十分に考えられます。

地域別平均給料・年収

もっとも給料の高い地域は?

介護福祉士が働くうえで、もっとも平均給料や時給が高い地域は「関東圏」です。関東圏の給料が高くなる理由として、東京都などの都市部が多く、他の地域よりもサービスの料金が高額な介護施設が多い点が挙げられます。また、労働人口が多い分、介護職の環境を整える意識が高まっていることも見逃せません。

たとえば、国は介護職員処遇改善加算を制定し、介護職が健全なキャリアアップを図れる仕組みを整えようとしています。こうした取り組みにいち早く反応し、実践できているのは都市部の介護施設だといえます。この制度はアルバイトやパートも対象に含まれているので、介護福祉士の将来に大きく影響する可能性も秘めています。

逆に、人口が少なく介護施設の人手も足りなくなる地域では労働環境が十分に整備されているといえない状態が考えられます。給与を重視して仕事を探すのであれば、大手施設を探したり、働く地域に目を向けたりするなどの工夫が必要な場合もあるかもしれません。

その他条件別平均給料・年収

年代別で給料はどう変わる?

一般的に年代別給与は、50~59歳がもっとも高い給料をもらっているといわれており、初任給からのUP率は183%だといわれています。次いで、40~49歳の年代の平均UP率は170%。50代後半以降になるとゆるやかに平均給料は下がり始め、60歳を超えると極端に給料は下がります。一方、もっとも平均給料が低い年代は20~24歳の262万円でした。その年代以降、経験を重ねるにつれ、平均給料が上がっていく傾向を示しています。(※2)

介護福祉士もキャリアとともに年収が高くなっていく傾向にあります。そして、管理職に就き始め、職場の中心となると年収のピークを迎えます。ただ、体力が必要な仕事ではあるので、高齢になるほど高収入を目指すのは難しくなっていく場合もあるでしょう。ただ、経営側に回るなどのキャリアアップができれば50代以降でも高収入を期待できます。

条件別で収入は変わるか

介護福祉士の仕事は条件によって給料が変わるのが特徴です。たとえば、シニアという条件がつくと平均給料が上がります。そのほか、パソコンスキルも重宝されているポイントのひとつです。一方で、新卒の社員は平均給料が下がるなど、経験値が低いほど給料も下がる傾向が顕著です。また、療養型病棟への勤務でも給料は少なくなります。就職先の規模も給料に関係します。基本的に、企業が大きくなるほど介護福祉士の給料も高くなる傾向があります。

介護福祉士の初任給はどれくらい?

勤務先によって初任給に差がつく

介護福祉士資格を持たない介護員も含まれていますので、あくまでもおおよその目安になりますが、介護員の初任給は16万円前後(※3)です。そのため、介護福祉士は「初任給が低い」というイメージが定着しています。ただ、キャリアの長い経験者であれば重用される可能性もゼロではありません。介護系やそこに近い分野での勤務経験があり、転職してきた人材であれば標準以上の初任給を得られることもあります。

手取り以外の給料も加算される

初任給が16万前後と聞けば、「少ない」と感じる人も多いでしょう。ただ、これらの数字はあくまでも基本給です。実際に仕事を始めればさまざまな手当てが発生します。たとえば、特定の資格を持っている介護福祉士は給料が高くなることもあります。それに、介護福祉士は夜勤や残業もある仕事です。これらの労働に対しては手当てが支払われるので、入社一年目の介護福祉士にもプラスの給料が支払われるケースが出てくるのです。

初任給以外のメリットもある

給料面以外のメリットを求めて介護福祉士になるケースもたくさんあります。たとえば、世間一般では30代後半以降になると転職が難しいとされています。求人広告でも「35歳までの社員が活躍中」などの文言を載せている企業が多くなるでしょう。しかし、介護職はコミュニケーション能力が求められる仕事なので、人間的に落ち着いてきた30代後半以上の人材が歓迎される傾向があるのです。そのほか、人材不足の業界なので求人数が常に多いことも、転職者にとっては魅力的です。

給与・年収をアップさせる方法とは?

必要な資格を取得する

キャリアを積んだ介護福祉士であれば、別の資格を取得することでより責任のある役割を担うことができます。その結果、給料アップも目指せるでしょう。実務経験5年以上の介護福祉士であればケアマネージャーになるための「介護支援専門員実務研修受講試験」が受験可能です。ケアマネージャーとは、要介護者やその家族に合ったプランを提案できる仕事です。施設に所属する介護福祉の業務内容もケアマネージャーによって管理されるので、非常にやりがいのあるポジションです。

そのほか、施設の中でキャリアップをして管理職になるのも方法のひとつです。ただ、管理職になるためにはケアマネージャーなどの特別な資格が必要になる施設も珍しくありません。介護福祉士として長期的に働く以上は、向上心を持って勉強を続けることが重要です。

給料の高い他の施設に転職をする

介護福祉士の待遇改善には国も動いており、介護職員等特定処遇改善加算の施行によって現場にも影響があると考えられています。しかし、実際には職場ごとに給料にばらつきがあったり、サービス職別や個人のスキルに応じて待遇面を見直すことになっていたりするのが現状です。もし、現在の給料が極端に低いと感じる場合、同じ職場で待遇が変わるのを待っているのは得策といえないでしょう。

同じ介護業界の中でも職場によって給料には幅があり、転職によって給料を上げるのは場合によっては効率的な選択肢です。転職の場合は、自身の介護職としてのスキルや経験をより高く評価してくれる職場を探し応募します。ただ、転職によって新しい職場では新人扱いとなり給料が初任給時まで安くなることもあります。自身の能力を高く評価してくれる施設へと、相思相愛の状態で転職するのが理想です。

介護福祉士の保有資格別給料・年収

無資格者と比べた場合の給料

資格の有無によって、介護福祉士の給料は大きく変わります。そもそも、無資格の介護職と介護福祉士の間ですでに差がついています。また、介護職員初任者研修を受けた後だと無資格者でも給料は上がります。実務経験はあるものの資格を有していない人材よりも介護福祉士の資格があるだけで好条件で働くことができるのです。

介護福祉士がケアマネージャー資格を取得すると?

もしも介護福祉士がより好条件を望むのであれば、ケアマネージャー資格を取得することが得策です。ケアマネージャーの給料は施設ごとに異なるものの、介護福祉士時代よりも高い月給をもらえるようになります。しかも、ケアマネージャーは管理職に就く条件となることが多い資格なので、将来のキャリアアップにも役立ちます。施設内でより上のポジションに就けば、当然、役職手当によって給料は上がるでしょう。

転職をする際にもケアマネ―ジャー資格があると便利です。施設はリーダー職で受け入れてくれる場合もあるので、転職してすぐに給料が上がることも少なくありません。年収にして、介護福祉士のころよりもかなり高くなることが期待できます。

介護福祉士の資格を取得する方法

実務経験を積む

まず、現場での経験を積んでいって介護福祉士を目指すコースです。専門的な勉強をしてこなかった人でも、介護の現場で3年以上で540日以上働くことで、受験資格が生まれます。そのうえで、実務者講習を受講すれば資格試験を受けられます。ちなみに、実務経験は雇用形態を問いません。正社員でもアルバイトでも派遣でも、同等に実務経験として計上されます。このコースのメリットは、介護福祉士になってからも即戦力になれる点です。すでに仕事を体で覚えているので、現場で中心となって働けます。

養成施設に入る

一般の高校や大学に2年以上通い、福祉系の専門学校を修了した場合にも介護福祉士の受験資格をもらえます。養成施設のコースを選ぶと、新卒で介護業界へと入ることが可能です。学生時代から介護業界に進もうとはっきり決めている人にはぴったりの選択肢です。また、十分な知識を得てから現場に配属されるので、仕事を覚えやすいのも魅力です。

福祉系高校へと通う

介護福祉コースや福祉課のある高校に通っている人も、卒業をすれば介護福祉士の受験資格を得られます。中学卒業と同時に就職へと動き始めたい人には合っているコースです。

社会人に選びやすいのは実務経験コース

すでに社会人として活動している人なら、実務経験コースを選ぶのが現実的です。専門学校に通い直すことも不可能ではないものの、その間、仕事と両立しにくいといえます。現場で仕事を覚えながら受験に備えるほうが、介護の経験を積むこともできます。

まとめ

介護福祉士の平均給料・年収とは?また給与アップのためのポイントを紹介

介護福祉士の給料は、経験とスキルによって左右されます。ケアマネージャーの資格を取得してできる業務の幅を広げておくと、将来のキャリアアップに役立ちます。ただ、どうしても待遇が改善しないようなら条件の良い施設への転職を考えるのもひとつの方法です。自分の能力を生かせる職場を選べば、転職後すぐに給料が上がることも期待できます。

  • ※1 グッピー調べ(2019年12月現在)
  • ※2 国税庁発表「平成29年分民間給料実態統計調査」より
  • ※3 厚生労働省「平成25年賃金構造基本統計調査」より